2011年11月12日(土) 「命に国境はない ―福島とイラクの今を語る―」(お話:高遠菜穂子さん)へのお誘い(2011-10-18)

3・11の後、高遠菜穂子さんは、いち早く福島の支援に入りました。 彼女は今も、福島とイラクとで、活動しています

たくさんの仲間が、福島の支援にかかわり始めました。 高遠菜穂子さんの報告を聞き、現地に行けない人も含めて、それぞれができることを考えるチャンスにしましょう

>>詳細

緊急署名提出と東電交渉の経過報告

署名提出行動としては第3次行動まで組みました。その後、残された再質問を元に、8月11日(木)に東電再交渉を行いました。10名が東電に、7名が内閣府に行き、第3次集約後に届いた署名も届けました。交渉での内容等は後日こちらでも報告をさせていただきます。(2011-08-15)

東電へ提出した署名(累計):96,127筆
内閣府へ提出した署名(累計):97,203筆

詳報と今後について… >>続き

第3次提出行動で提出した「質問・要請書(東電宛・内閣府宛)」と「東電との交渉記録」をUPしました。(2011-07-25)  >>こちらから

原発いらない福島の女たち&全国の女たちの経産省前座り込み行動

10月27日〜29日、「もう、黙ってらんにー!」という福島の女たちが経産省前座り込み行動をします。その後、全国の女たちに引き継ぎます(11月5日まで)。もちろん、女性に限らず、福島在住に限らず、誰でも参加大歓迎とのこと。

詳細 ⇒ 原発いらない福島の女たちおよび原発いらない全国の女たちアクションのサイトをご参照ください


「緊急署名」を終了した後、福島に関わる人、地域で活動する人、それぞれに動き始めました。さらに、個別の課題から、脱原発への運動にシフトし始めています。 会としても、いくつかの署名活動や、その他の活動とリンクしていきたいと思います。

その他の署名へのリンク

東海第2原発を廃炉に!
東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める実行委員会
脱原発・エネルギー政策大転換を!京都議定書達成を!
若狭連帯行動ネットワーク、双葉地方原発反対同盟、他
脱原発1000万人署名
「さようなら原発」一千万人署名 市民の会
その他・・・
オンライン署名に関してはSTOP原発!原発反対の署名ができるサイトなどに、まとめられています。

>>過去のメッセージ

緊急署名の呼びかけについて

2011年3月11日、東日本大震災で起きた東京電力福島第一原発事故に対して、何かしなければと思った私たちは、同年3月19日の午後、原正夫郡山市長の発言を契機に緊急署名をはじめました。その時の呼びかけはこちらに、署名行動の経過報告等はこちらにあります。
署名にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

2011年10月現在、事故は収束していないばかりか、東京電力はいまだに福島第一原発5, 6号炉および福島第二原発(1〜4号炉)の「廃炉」を決断してはいません。私たちは、これからも福島原発(第一第二あわせて10基)全ての「廃炉」を求めていきます。

以下は、緊急署名を呼びかけた時のアピール文です。

とりわけ首都圏に住む私達は、ある意味で加害者です。

福島で作られる電気は福島では消費されず、首都圏で使われます。

深刻な事故の恐怖、放射能汚染を前に、地元が「そばに原発はゴメンだ!」という声をあげたことを、私達は重大に受け止めなければなりません。

放射能汚染の恐怖が、自分の身にも降りかかるかもしれないこの深刻な事態になって初めて、地元の人たちの気持ちを共有できる状況が生まれました。

いま、私達には「政府は地元の声を聞け!」という責任があると思いました。

page top

inserted by FC2 system